公開日: |最終更新日時:

注文住宅に二世帯で住む際の注意とコツ

ひとつの住まいの中で親世帯と子世帯が同時に生活を送る二世帯住宅。子供の世話を両世帯でできる生活費などの費用負担を軽減できるといったメリットのある二世帯住宅ですが、二世帯住宅での暮らしを成功させるためにはコツがあります。ここでは、そのコツについて見ていきましょう。

事前に話し合っておくべきポイント

共用生活スペースのあり方

二世帯住宅では、ひとつの建物の中でふたつの世帯が生活することになります。そのため、トイレや台所、玄関といった各所の共用スペースをどうするかを決めておかないといけません。これが曖昧になっていると、共用スペースを使うタイミングが世帯間でかぶってしまったり、生活音が原因のトラブルが起こってしまったりすることが多くなります。

そのため、二世帯住宅を建てる際には、こうした共有スペースを使用するタイミングや、共有スペースの設置数をしっかり話し合っておく必要があります。必要があれば世帯ごとに複数の共有スペースを用意したり世帯間で共有スペースを使う順番を決めておいたりする必要があるのです。

水道・光熱費等

二世帯住宅の大きなメリットのひとつが、水道や光熱費などの生活費を二世帯間で折半できると言う点です。また、生活費だけでなく、自宅を建てるための費用も二世帯間で出し合えば、経済的負担を大きく削減することができるでしょう。

ただし、このメリットをうまく機能させるためには、事前に話し合ってふたつの世帯でそれぞれどのくらいの割合を負担するかを決めておかなくてはいけません。ここが曖昧だと金銭的負担が偏ってしまったり不満が募ったりして、やがて大きなトラブルに発展することも考えられます。お金が絡むことなので、ここはしっかり話し合っておくべきでしょう。

二世帯住宅生活を成功させるコツは?

二世帯住宅での生活を成功させるコツとしてまず挙げられるのは、共有スペースの使用や生活費の負担割合について、住宅が完成する前にしっかり話し合っておくことです。暮らし始めてから不満が出ると、それだけふたつの世帯間でのトラブルが起こりやすくなるでしょう。また、話し合いの際には必ずふたつの世帯に属している全員が話し合えるようにしておくと不公平感がなくていいでしょう。

関連ページ

かしこく選ぶ!注文住宅メーカーガイドin甲府

かしこく家を建てるための注文住宅の基礎知識
注文住宅を建てる際の流れとは
注文住宅に使われる木材
注文住宅では断熱材選びも重要
注文住宅の地盤に関わる注意点
注文住宅のアフターフォロー・定期点検について
注文住宅の気密性とは?
シックハウス対策は万全に!原因と対策をチェック
注文住宅を建てる際の工法
注文住宅で間取りを決める際のポイントとは?
注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違いとは
注文住宅を建てた際にかかる税金について
注文住宅の動線の考え方
平屋と二階建ての違いとは?
工務店・ハウスメーカー・設計事務所の違い
雨漏りした後では遅い!注文住宅を守る外装下地検査