公開日: |最終更新日時:

シックハウス対策は万全に!原因と対策をチェック

シックハウス症候群とは

家の建設に使用される構造材や壁紙などのさまざまな建材の中には、人体に有害な化学物質を多量に含んでいるものがあります。こうした建材を用いた住まいでは、屋内に建材から放散された化学物質が充満し、そこに住んでいる人にさまざまな健康被害をもたらします。これがシックハウス症候群です。

シックハウス症候群の原因について

化学物質によるもの

シックハウス症候群の代表的な原因のひとつが、住まいを構成する建材に含まれる化学物質によるものです。数種類の木材を貼り合わせて構成している集合材に用いられている接着剤、素材に塗布されている塗料、劣化防止のための防腐剤などには、ホルムアルデヒドに代表される有害な化学物質が含まれている場合があり、さまざまな健康被害を引き起こします。

カビやダニによるもの

屋内の衛生状態が悪かったり、外壁の破損箇所などから水分が染み込んだりすると、カビやダニが発生します。これらもシックハウス症候群の原因となるのです。

近年では高気密・高断熱住宅が増えてきています。こうした住まいには屋内の湿気が外に抜けにくいという弱点があるのです。屋内に湿気がたまると、外壁の隙間などで内部結露が発生し、そこからカビやダニが発生し、シックハウス症候群を引き起こすのです。

シックハウス症候群の対策

シックハウス症候群の根本的な対策としては、化学物質を含んだ建材を使わない事が挙げられます。化学物質が含まれた接着剤を用いている集合材ではなく、無垢材を使うようにすると、シックハウス症候群が発生しにくい住まいを建てることができるでしょう。また、内壁も漆喰や珪藻土などの自然素材を用いると効果的です。

建材の中には、空気中の化学物質を吸着してくれるものがあります。珪藻土、化学薬剤含有石膏ボード、備長炭入り畳などがそうした機能を持つ代表的な建材です。ほかにも、炭化させた籾殻や樹皮などを固めた炭ボードやくん炭ボードなどは、一般的な石膏ボードに比べると化学物質の吸着性能が高い素材として知られています。

注文住宅を建てる際には、ハウスメーカーや工務店を選ばなくてはいけません。その基準はさまざまですが、シックハウス症候群を予防するためには、上記のような建材を取り扱っているところを探すといいでしょう。工務店やハウスメーカーの公式サイトやカタログを確認して、どのような素材を取り扱っているか事前に確認するのがおすすめです。

ムダなコストを削減! 甲府のおすすめ注文住宅メーカー3選