公開日: |最終更新日時:

注文住宅に使われる木材

注文住宅で使用される木材には、たくさんありますが、種類によって家の印象はガラッと変化します。木材のカラーや感触だけでなく、それぞれの木材が持つ特徴をふまえて選んでみましょう。家づくりでよく使用されている、木材の種類と特徴をわかりやすくまとめました。

注文住宅で使用される木材の種類

アカマツ(赤松)

松の木を使った木材です。一般的な松の木よりも、赤みがかっているため”アカマツ”と呼ばれます。マツヤニ(松脂)と水分を多く含む特徴を活かし、梁や敷居の摩擦部分によく使用されている素材です。マツはパイン材とも呼ばれますがアカマツ以外にもホワイト、イエローなど種類がたくさんあります。鮮明な色を生かして、家づくりに取り入れるのがおすすめです。

ケヤキ(欅)

欅の木を使った木材です。耐久性があるため、大黒柱など家の構造部分によく使われています。木材の中でも比較的値段が高いため、家全体ではなく造作家具に取り入れる人もいるようです。木目の美しさが魅力的な素材で、和室やリビングの柱など、アクセントとして使用するのも良いでしょう。

クリ(栗)

栗の木を使った素材です。耐久性はもちろん、虫の害にも強く硬い特性から、家の土台としてもよく使われています。耐水性もあるため、水回りのフローリングにもおすすめです。木目がはっきりしており、灰白色の特徴的な美しさも魅力的。硬いがゆえに割れやすいため、木材加工時に一手間かけてから出荷されます。

サクラ(桜)

桜の木を使った素材です。有名なソメイヨシノではなく、国内ではヤマザクラとアメリカンブラックチェリーがよく使用されています。とくに、アメリカンブラックチェリーは月日が経てば経つほど深みを増していくため、変化を楽しめるのも魅力的。フローリング全面に採用する人も多いようです。手入れをすればするほどツヤが出ます。

スギ(杉)

杉の木を使った素材です。日本の木造住宅の代表格ともいわれ、構造から造作材まで幅広く取り扱われています。ブランド杉でないかぎり、比較的リーズナブルに入手できるのも特徴です。見た目や木目の美しさだけでなく、スギの木ならではの心地よい香りが家中に包まれるのも、スギならではの魅力でしょう。色が濃い茶色なので、和室や天井の梁など視界に入る場所に取り入れるのがおすすめです。

ヒノキ(桧)

桧の木を使った素材です。スギ同様ヒノキは木造住宅の代表的素材で、”木造=ヒノキの家”をイメージする人が多いほどよく使われています。リラックス効果や耐久性も高く、神社や寺でも使用されている木材です。水に強く狂いのない性質を生かし、土台や通し柱にも採用されています。木材そのものの見た目を生かした家づくりをしたい人に、おすすめの素材でしょう。

関連ページ

かしこく選ぶ!注文住宅メーカーガイドin甲府

かしこく家を建てるための注文住宅の基礎知識
注文住宅を建てた際にかかる税金について
注文住宅を建てる際の流れとは
注文住宅で間取りを決める際のポイントとは?
工務店・ハウスメーカー・設計事務所の違い
注文住宅のフルオーダーとセミオーダーの違いとは
注文住宅を建てる際の工法
注文住宅のアフターフォロー・定期点検について
平屋と二階建ての違いとは?