かしこく選ぶ!注文住宅メーカーガイドin甲府 » かしこく家を建てるための注文住宅の基礎知識

【甲府版】かしこく家を建てるなら知っておきたい注文住宅の基礎知識

先輩ママが解説!注文住宅の基礎知識

管理人Keiko

基本をおさえてかしこく建てよう!

オーダーメイドの家づくりである注文住宅は、予算の範囲でどのような配分をするのか優先順位付けが重要です。また、甲府ならではの寒暖差や駐車スペースのゆとりなど、地域の特性も合わせて考えてくださいね!

【甲府版】工務店・ハウス
メーカー・設計事務所の違い

地元の工務店は施工がメインのところと、自社不動産部を持っているところとでは、注文住宅での対応に費用や手間の面で大きな違いがあります。加えて、ハウスメーカーと設計事務所との比較で特性を理解しましょう。

【甲府版】注文住宅を建てた後に
かかる税金について

土地と建物、不動産を購入すると不動産取得税が発生します。その後、毎年固定資産税都市計画税がかかってくるので、資金計画はこれらも加味して試算する必要があります。軽減・特例措置も必見要素です。

【甲府版】注文住宅の
アフターフォロー・定期点検について

甲府という土地柄、注文住宅で気にすべきポイントのひとつがアフターフォローや定期点検です。全国の中でも甲府は日照時間が長く、夏は暑く冬は寒いなど、住宅にダメージを与えやすい気候なのです。どんな土地に家を建てる場合も必須条件となるアフターフォロー・定期点検ですが、甲府に注文住宅を建てる場合は、特に注意して見るようにしましょう。

設計方法の違い

注文住宅の設計には、大きく分けて2つの選択肢があります。ひとつは、建築士や設計士に1から設計してもらう完全自由設計のフルオーダー。ある程度知識がある人であれば、自分で考えた理想の形を実際に建てられる設計に落とし込んでもらうこともできますし、建築士や設計士と相談しながら理想の家を作っていくことができます。当然時間もかかりますし、設計のためのコストを上乗せして考える必要もあります
もうひとつは住宅会社で用意している基本プランをベースにする方法で、規格プランや企画商品などと呼ばれています。使用するパーツや素材を選べることもあり、間取りがアレンジできることも。自由度は制限されますが、フルオーダーに比べて時間や費用がおさえられるメリットがあります。

工法の違い

住宅の工法は木造と鉄骨造の2つが一般的です。費用は木造<鉄骨造ですが、耐震性などの強度を求めるなら鉄骨造も選択肢にいれたいところ。近年は新しい技術が次々と開発されているので、日本古来の木造軸組構法でも地震対策になるものもあります。地震や災害も考えつつ、性能とコストとのバランスをうまくとるようにしましょう。

性能の違い

気温の寒暖差が大きい甲府だと断熱性能が気になるところですよね。エコ住宅なら省エネや換気、自然との共生などさまざまな面で、人と環境に優しい家づくりが可能になります。テレビCMでもよく聞くようになったZEH住宅なら、光熱費が安くなるなど家計にうれしいメリットもあり。

素材の違い

木材は国産の無垢材を使う、内装には漆喰や珪藻土を使うなど、完全フルオーダーであればある程度の希望はかないます。こうした自然素材を使うことで、化学物質によるシックハウス症候群などのリスクから家族の健康を守ることができます。規格商品でも健康に配慮したプランがあることも。どんな素材が使用可能か、住宅会社に相談してみると良いでしょう。

土地取得のプロセス

注文住宅の家づくりだと、土地探しと住宅建築を別々に進めるケースも少なくありません。しかし、地元工務店でもワンストップ対応可能な会社があり、費用や手間の軽減になることを知っておきましょう。

住宅会社の違い

注文住宅を依頼するとすれば、地元の住宅会社や工務店全国規模の大手ハウスメーカー、そして設計事務所の三択になります。それぞれメリットデメリットがるので、違いを理解した上で比較するようにしましょう。