公開日: |最終更新日時:

注文住宅の防犯対策はどうおこなう?

せっかく注文住宅を建てるなら、防犯対策も考えておきましょう。戸建住宅は、泥棒にとって侵入しやすい条件を備えています。ここでは、狙われやすい家の特徴や効果的な防犯対策についてまとめました。簡単に侵入を許さない家づくりの参考にしてください。

狙われやすい家の特徴とは

狙われやすい家の特徴として、まず、戸建住宅があります。泥棒は、下見をしているケースが多いと言われていることから、下見がしやすい家は狙われやすいでしょう。

たとえば、前面道路に敷地の一辺が面している形状は、道路から下見をしやすい形です。路地の奥に建物があるタイプの形状は、道路からは様子を伺いにくい一方、一旦敷地に入り込んでしまえば、外部の目にさらされることなく下見も犯行も行いやすいと言えます。また、角地は2方向から下見が可能です。

戸建住宅は泥棒に狙われやすいことを理解して、防犯対策を施す必要があります。逆に下見の時点で狙いにくいと感じさせられれば、未然に防ぐことが可能です。

さらに、人目につきにくい環境も狙われやすい家の特徴のひとつです。

人通りが少ない場所に建っている家は、犯行を実行しやすいでしょう。周辺に街灯が少ない場合も目立たずに犯行がおこなえます。窓のカギが開けやすい位置にあると、侵入までの時間を短縮できるので、人に見つかるリスクが減ってしまい、狙いやすいです。

場所別の防犯対策をチェック

窓を開けるのに時間がかかると、人の目につくリスクが高くなるため、泥棒は侵入を諦める傾向があります。侵入経路としては窓からが多いため、窓の防犯対策を徹底しておくことで大きな防犯効果を得られるでしょう。

窓を開けるのに時間がかかるようにしておくことが大切です。防犯ガラスと二重ロックは特におすすめ。簡単に窓を破壊できず、破壊できてもロックを二つ外すのに手間取ることになるため、時間がかかります。

また、アラームを取り付けるのもいいでしょう。アラームは、鳴動だけではなく、警備会社に連絡がいくセンサーの設置がより効果的。そもそも開かないはめごろし窓や人の身体が通らない小さなサイズの窓にするのも防犯対策には有効です。

ドア

玄関ドアは、ピッキングやこじ開けによる施錠破りが主な侵入手口です。窓ほどではないものの侵入経路として防犯対策をするべき場所のひとつと言えます。

ピッキング対策としてはディンプルキーが有効。表面に凹凸がほどこされた鍵です。ピッキングで施錠破りするのに時間がかかります。玄関で鍵を破るのはとても目立つ行動なので、時間がかかると諦める可能性が高いです。

ただし、ドアの隙間から道具を入れてこじ開ける方法や、サムターン回しを試みる方法もあるため、必ずしもピッキングをするとは限りません。隙間がない玄関ドアの採用も検討するといいでしょう。また、簡単に開錠させず諦めさせる方法として、二重ロックやドアガードも有効です。

外構

泥棒の侵入を防ぐ方法として、外構の防犯対策も重要です。外構とは、塀や庭、アプローチ、駐車スペースのことです。窓や玄関にアクセスしにくい外構だと、侵入を諦める可能性があります。

不審者が目立つ外構にするのも防犯対策に有効です。プライバシーを考慮すると、外からの目を遮る外構にしたくなりますが、人の目がない場所は泥棒が侵入作業しやすい環境になってしまうため、思い切ってオープンにしておくという考え方もあります。

また、乗り越えにくいよう、門扉やフェンス、駐車スペースのゲートやシャッターの設置も有効です。

窓の下に足場となる室外機や物置を置かないのも意外なポイント。また、庭に砂利を敷くと、泥棒が足を踏み入れた時に音が鳴って動きづらくなります。